1. ホーム
  2. 入院のご案内

ご相談

(秋田緑ヶ丘病院医療福祉相談室)

電話番号:018-845-2161

入院の手続きや入院費用、福祉制度などお気軽にご相談ください。

秋田緑ヶ丘病院採用情報

採用情報

入院やお薬についてのよくある質問をまとめました。
<詳しくはこちらへ>

スタッフブログ

スタッフブログです。色々な活動をご報告します。
<詳しくはこちらへ>

入院のご案内

入院のご案内

診察の結果、入院がきまりましたら、入院の手続きが必要となります。入院形態により記入書類が異なりますので、病院スタッフがご説明させていただきます。

入院形態のご紹介

任意入院

医師が診察の結果、入院の必要性があると判断し、診察を受けたご本人が入院治療に同意した場合に成立する入院です。

医療保護入院

医師(精神保健指定医)が診察の結果、入院の必要性があると判断したものの、診察を受けたご本人の精神症状等により、入院治療に対して同意をしていただけない場合、ご本人に代わってご家族等が入院治療の必要性を理解し同意することにより成立する入院です。

入院時に必要な物

  • 印鑑(ご本人と保証人の分)
  • 保険証
  • 着替え類(普段着・下着・寝巻)
  • タオル類(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル)
  • テッシュペーパー
  • 洗面用具(歯ブラシ・歯磨き粉・洗面器)
  • 内履き(サンダル・スリッパ・ケアシューズ等)
  • コップ(プラスチック製)
  • 洗濯用洗剤
  • 入浴用具(シャンプー・リンス・ボディーソープ・石鹸)
  1.   箸・スプーン・布団・シーツは病院で準備しております。
  2. ※病棟に持ち込めないもの ハサミ・ナイフ・針・カミソリ等の危険物
  3. ※携帯電話・スマートフォンの使用については主治医との相談になります。使用できる場合も病棟でお預かりしながら、使用場所・時間は指定させていただいております。個人情報保護の観点からご協力お願い致します。
  4. ※当院は敷地内全面禁煙となっております。タバコ・ライターの病院内への持ち込みは禁止となりますので、ご理解・ご協力の程よろしくお願い致します。
  5. ※入院されるご本人の状態や入院病棟により持ち物が多少異なる場合があります。詳しくは医療福祉相談室または病棟スタッフにご確認ください。

「アメニティ」との契約について

  1.   当院では、入院中に必要な日用品準備を行うご家族の負担軽減や院内感染対策の観点から「アメニティ」と契約することができます。「アメニティ」とは入院生活に必要な日用品・タオル類・おむつ・寝巻等につきましてご家族に代わり業者から提供されるサービスです。詳しいセット内容や料金等につきましては、契約ご希望時に医療福祉相談室よりご説明致します。

コンビニエンスストアについて

管理棟1階にコンビニエンスストアがございます。日用品等はここでそろえることが出来ます。お弁当やお菓子類なども取り扱っております。
夜間などの急な入院時には日用品を扱っている自動販売機もございますので、そちらもご利用下さい(詳しくは総合受付までお声をおかけください)。

 
 

預かり金について

入院中の金銭管理は、原則として自己管理または家族管理となっております。
病状等により管理が難しい場合は、当院に管理を委託することが出来ます。
その際は、管理料として毎月下記の金額を預かり金から徴収させて頂いております。

1.一部管理(525円/月):出金管理のみを委託する場合

  医事課にて通帳、現金のお預かりをしますが、日用品等の購入時は、患者さんが医事課でお金を引き出し、自分で購入することとなります。
代理購入はできません。


2.全面管理(840円/月):出納管理の他、預かり金より代行業務が発生する場合。

 医事課にて通帳と現金等のお預かりをします。日用品等の購入やクリーニング代金の支払いは、当院預かり金より出納業務を代行させて頂きます。


  ※ご不明な点などは、医事課(総合受付)まで。



家族会について

家族会とは、当院で治療を受けている患者さんのご家族により形成されています。活動内容としては、家族どうしの交流会、疾病や福祉制度に関する学習会など、多岐に渡っています。

毎月1度例会を開催し、その他、病院の行事などにも参加しています。入院患者さんに限らず、外来患者さんのご家族の方もご希望であれば入会できますので、お気軽に事務局までお問い合わせください。

  • お問合せ先
  • 秋田緑ヶ丘病院 医療福祉相談室
  • 電話 018-845-2161

ページの先頭へ